【開業サポートをご利用のお客様】
 ANOTHER CUP 様   Cafe de 凛 様   ここちよCafé 様   森のこぶた 様   Cafe home 様   こはる 様 

ANOTHER CUP

ANOTHER CUP

ANOTHER CUP

住所:〒654-0048
兵庫県神戸市須磨区衣掛町5-3-9
クレアドル須磨2 一階

Q神戸珈琲とお取引を開始したきっかけ、決めた理由等はなんですか?

・自店のコンセプト「地元を大切に」ということから神戸市内の取引先から選定

・マイルドテイストブレンドの味が自分がサイフォンで抽出したい味にぴったり

・豊富なシングルコーヒーの品揃え・焙煎工場を見せていただき、安定した品質を確保できると確信

Q.お客様のエピソード等をお教えください。


・お客様同士の会話から「私、この店のコーヒーだけはブラックで飲むのよ」と聞こえた時はとても嬉しかったですね。



Cafe de 凛 様


Cafe de 凛

Cafe de 凛

Cafe de 凛

Cafe de 凛


住所:静岡県富士市桑崎1025-29

Q神戸珈琲とお取引を開始したきっかけ、決めた理由等はなんですか?

酸味のある珈琲が苦手で、自分の好みに合う豆を探し求めて出会ったのが、神戸珈琲の炭火ハウスブレンドでした。

自分の地元静岡では神戸珈琲の取扱店がまだ無いことを知り、神戸珈琲の美味しさを地元の多くの方に知って頂きたいと思ったのがきっかけです。

Q.お客様のエピソード等をお教えください。

凜という字から来るイメージが好きで店名にしたのですが、自分の孫が同じ名前でなどと話し掛けて下さる方も多く、お客様との会話を楽しみながら自分の好きなコーヒーを飲んで頂ける仕事に幸せを感じております。


ここちよCafé 様


https://www.cocochiyocafe.com/home

ここちよCafé

ショップ前

ここちよCafé

ここちよCafé

ここちよCafé

住所: 〒160-0022
東京都新宿区新宿1-20-6 石原ビル1F


Q神戸珈琲とお取引を開始したきっかけ、決めた理由等はなんですか?

学生の頃、友人の住む神戸に夏休みを利用して遊びに行く機会があり、友人のお母さんに飲ませて頂いたアイスコーヒーが神戸珈琲との出会いでした。

その時の豆の香ばしい香りと、一口飲んだ時の鼻を通り抜ける芳醇な香り、雑味のない後味にえらく感動した記憶が今も、鮮明に残ってます。学生の頃より喫茶店経営を志していた私は開業したら必ず神戸珈琲のコーヒー豆でコーヒーを提供しようと決めてました。


Q.お客様のエピソード等をお教えください。


コーヒーに対するお客様からのお褒めの言葉は、ほぼ毎日、1件以上頂いております。その中でも一番は「コーヒーの美味しさに目覚めさせてくれたcocochiyoさんに本当に「ありがとー!」と伝えたいという内容のメールを頂いたお客様が多いです。

私が神戸珈琲と出会った時のように、また、このような神戸珈琲との出会いをより多くの人に広げていけたら、幸いに思います。

よくあるものとしては、ここのコーヒー飲んだら他で飲めない。普段飲まないけど、ここのコーヒーだけは飲める。といった感じで抜群の評価をいただいております。



森のこぶた 様


https://www.morinokobuta.com/

morinokobuta

ショップ前

店内

料理2

料理2

住所: 〒105-0003
東京都港区西新橋2-2-2澤ビル1F


Q神戸珈琲とお取引を開始したきっかけ、決めた理由等はなんですか?

2008年にニットカフェという新しいスタイルのカフェを立ち上げることになりました。当時ニットカフェというと、手芸の先生が自分で既存のカフェと契約をして店内でワークショップを開くあるいは手芸用品店の一角で、日時を指定した手芸教室で飲み物を提供するという方式が一般的でした。

つまりそこで提供する飲み物や食べ物にはあまり重点がおかれていませんでした。
しかし「カフェ」というからには手芸も飲食も楽しんでいただきたいという思いが常にあったので、開店に向けおいしいコーヒーを探していました。

所用で吉祥寺に行った際、道に迷って見つけたのが御社のコーヒー豆の販売店でした。(残念ながら現在はありませんね)1杯いただいてみて「これだ!」と直感。

コーヒー豆を購入して他候補数社のコーヒーと同じ淹れ方で試してみましたがダントツにおいしいと思いました。
以来10年近いお付き合いです。

Q.お客様のエピソード等をお教えください。

前店舗の時代 毎朝来店してくださる80代のおじいちゃまは関西出身とのことで炭火ハウスブレンドがお気に入り。

「関西の味じゃ」といいながら、毎日いろいろな話をしてくれました。店の隣に越してきた会社の会長ご夫妻も「味がいいね」と常連さんとなり、朝、昼、夕方と多い日には3回もご来店。

ビジネス街虎ノ門に移転してからはモーニングタイムには男性中心 ランチライムは女性中心に楽しんでいただいています。

肝心のニットカフェのお客様にも「コーヒーがおいしい」と評判に。炭火ブレンドの深い味に合う手作りのお菓子にも力を入れています。



Cafe home

Cafe home

Cafe home

Cafe home

住所: 〒673-0404
兵庫県三木市大村323-2



Q神戸珈琲とお取引を開始したきっかけ、決めた理由等はなんですか?

店はもともと飲食業界とは全く無縁のロードサイドの婦人服専門店でした。

お客様の来店頻度を上げたいといろいろ模索していたところ、当時長崎・東京で「風花」(現 石原和幸デザイン研究所)というフラワー・ガーデンデザインの会社を運営していた石原和幸氏と出会い、お庭のあるカフェの御提案をいただき「神戸珈琲」様を紹介してもらいました。

取引を決めた理由の一つには、もともと知っていたというのもあるのですが、商圏を考慮に取扱店があるというところです。
婦人服専門店では、アパレルブランドの取り扱いについて商圏があることで差別化が図れることがあります。
コーヒーも嗜好品ですし、自家焙煎するベースもない当店にとってそのような要素は重要だと思いました。

Q.お客様のエピソード等をお教えください。

当店は、婦人服専門店ですが、お庭のあるカフェを作りました。メニューはもちろん、お庭もすべて独自で仕上げました。同時にお庭づくりの提案施工も行っています。

オープンから15年、お庭を眺めながらのひと時を過ごされるお客様からは、「グリーンに癒される」「こんなお庭のある家に住みたい」というお声もいただき、実際にそのような施工もさせていただいています。 「お庭とコーヒーのある暮らし」いいですね。



こはる

こはる

こはる

こはる

住所: 〒651-2331
兵庫県神戸市西区神出町広谷623-227


Q神戸珈琲とお取引を開始したきっかけ、決めた理由等はなんですか?

いろんなメーカーのコーヒーを飲んでみましたが、私の好みの味にぴったりだったのと、冷めてもおいしかったです。営業の下西様をはじめ、お店を運営するにあたっていろいろと親切にレクチャー頂いたスタッフの方々の熱意が一番の決めてになりました。

Q.お客様のエピソード等をお教えください。

この辺りは何軒かの喫茶店がありますが、中でも当店のコーヒーはおいしいと好評をいただいてます。神戸珈琲の豆にしてよかったと思います。